FAQ よくある質問

まずはお電話にてご相談ください。プリバートの指導方針・システムとともに入室についての詳しいご説明をいたします。また、ご希望に応じて、学習カウンセリングを行っています。勉強方法や家庭学習、受験に関する悩み・相談なども経験豊富な教師がお答えします。

サピックス準拠ですから、どのサピックスの教材についても指導いたします。また、サピックスで販売されている問題集についても対応しています。6年生の中には、志望校の過去問をプリバートで個別に指導を受けているお子様もいます。

プリバートでは、お子様のそれぞれの目標、学力に応じて無理のない個別の指導を行っています。低学年では、学習習慣や勉強することの楽しさが大切であると考えて指導しており、高学年になるにつれて基礎力から応用力、そして中学受験へ向かう実戦力が身につくような指導をしていきます。

サピックスでは、重要単元を繰り返し、難易度を上げて上の学年でも取り扱うなど、復習を重視した「らせん式のカリキュラム」を徹底しています。そのため、途中入室であっても、毎週の教材の復習を丁寧に重ねることで、未習分野も徐々に減っていきます。未習分野が多い場合は、プリバートの講習や追加授業などで通常授業とは別にフォローすることも可能です。お気軽にご相談ください。

学力の定着を図るため、当日学習したことを再チェックする意味での課題を出すことはあります。お子様により差がありますので、こなしうる量を十分に考慮して課題を出しています。

もちろん、可能です。ただし、プリバートのシステムはサピックスとの連携で最大限の効果を発揮しますので、両方に通われることをお勧めしています。中学受験をせず、お通いの学校への内部進学が決まっている方には、小学部コアマスターコースをご案内しております。

低学年は高学年に比べてゆとりのある指導ができます。低学年のうちから入室された方が、高学年になって必要とされる理解力、思考力の概念を無理なく身につけられます。

中高一貫コースで対応しています。英語科ではProgressやBirdland等、数学科では『体系数学』にもしっかり対応しています。その他についても、随時ご相談ください。

多くの中高一貫校で、上記資格試験は推奨されています。プリバートでも、講習時に英検対策を承ることが多くあります。お気軽にご相談ください。

中高部では、国語(古典)・理科・社会も随時授業を実施しています。芸術選択科目以外は、中高部担当との学習相談の上、できる限り対応させていただいています。お気軽にご相談ください。

もちろん対応いたします。サピックス小学部と同じく、原則9月以降に扱うこととなっています。

基本的には同じです。ただし、中高部にのみ、行事欠席(授業料のかからない欠席)の一つとして、【部活動欠席】があります。学校行事による欠席に準じた扱いですが、部活を理由とする場合は、3日前までに学校発行のお知らせ等を添えて、「欠席連絡票」とともにご提出頂くことになっています。

中高一貫校では、英語・数学の進度がはやく、週に6~8コマ程度の授業があります。週1コマ60分のプリバートの授業だけでは、定期試験対策はほとんど出来ないのが実情です。そのため、2コマ120分からの受講とさせて頂いております。