追加授業のご利用について

通常授業をご受講の方は1コマ単位で追加授業をご利用いただけます。
追加授業がよく使われるケースについてご紹介いたします。

  • プリバートの授業を休んでしまった。

    通常授業を欠席された分、別の日時に追加授業の形で受講。

  • サピックスの授業を休んでしまった。

    プリバートの追加授業を利用してキャッチアップを行い、解決。
    学力に合わせた解説とその場で質問が可能な1:1でのご受講が非常におすすめです。

    • 通常授業と追加授業で異なる授業形態(1:1/1:2)でのご受講はご案内いたしかねます。
    • 授業形態(1:1/1:2)のご変更は、前月10日までにお通いの教室までお申し付けください。
  • マンスリーテストの前に、範囲をもう一度復習したい。

    通常授業ではデイリーの復習を行い、追加授業で範囲部分をもう一度学習しなおす。

  • 返却されたテストを復習したい。

    通常授業ではデイリーの復習を行い、追加授業でテストを復習する。

  • サピックスの授業が終わった後、家庭学習において理解が不十分であることに気付いた。

    追加授業で苦手分野等の学習時間を増やすことで、理解を補い、演習量を増やし、定着を深める。

  • 学校が午前中(短縮)授業。家にいるのにあまり学習に取り組まない。保護者様がお子さまの勉強をみると、途中で親子げんかになってしまう。

    プリバートで追加授業を利用し、勉強する環境と時間を確保する。

  • 苦手科目を集中的に学習したい。

    通常授業ではあくまで毎週のデイリーの復習を優先。
    特に講習の前後で積極的に追加授業を利用し、短期集中的に学習する。

  • 追加授業では、普段ご受講以外の教科も受講可能です。追加授業は2週間前より承ります。
  • 追加授業の授業料は、毎月の授業料に合算してご請求させていただきます。